なたまめ(鉈豆、刀豆)

画像


ナタマメ(学名:Canavalia gladiata)はマメ科:ナタマメ属の一年草。草丈は1~5m。原産地は熱帯アジア、熱帯アフリカ。日本には江戸時代初頭に清から伝わった。花期は7~8月。白またはピンク色の花を咲かせる。実の鞘は非常に大きく、30cm~50cmほどになる。福神漬けに用いられるほか、ナタマメの若いさやは漬物、炒め物などで食する。ナタマメ茶としても利用される。ナタマメにも毒がある。 とくにタカナタマメ、タチナタマメには毒が多い。食用とするのはアカナタマメ、シロナタマメといわれる品種である。 粗悪な健康茶などには注意が必要。扁平のサヤが、ナタに似ていることから刀豆と名付けられた。別名トウズ、タチマメ、タテハキ(帯刀)。京都府立植物園(2014/7/24)。

画像


画像


京都府立植物園(2015/10/10)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック