うるっぷそう(得撫草)

画像


ウルップソウ(学名:Lagotis glauca)はオオバコ科(新エングラー体系およびクロンキスト体系では、ウルップソウ科 )ウルップソウ属の多年草。草丈は15~25cm。原産地は千島のウルップ島。日本では礼文島、飛騨山脈北部、八ヶ岳のの寒冷地や高山の斜面などの湿った砂礫地に自生する。葉は卵円形~広楕円形で、長さ幅とも 4~10 cm の肉質で表面につやがある。花期は5~8月。青紫色の花を穂状に多数付け、雄しべは花弁よりも短い。花穂は円柱形で、各花に苞がある。和名の由来は千島列島のウルップ島で最初に発見されたことによる。別名ハマレンゲ(浜蓮華)。礼文島(2014/5/27)。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック