むらさきさぎごけ(紫鷺苔)

画像


ムラサキサギゴケ(学名:Mazus miquelii)はゴマノハグサ科サギゴケ属の常緑多年草。草丈は5~15cm。原産地は日本、台湾、中国。本州~九州の湿ったあぜ道などの日当たりの良い場所に生える。葉は根もとに集まり、その間から細長い、匍匐枝をだして地面に広がる。根もとの葉は倒卵形で、ふぞろいのあらい鋸歯があり、対生し、小さい。花期は4~6月。根元の葉の間から高さ10~15cmの花茎をのばし、花茎の上部で枝を分け数個の花をつける。花冠は紫色の唇形で、長さ1.5~2cm。上唇は2裂、下唇は3裂する。下唇中央の隆起部分には赤褐色(黄褐色)の斑紋がある。果実は約4mmの球形のさく果。白花をサギゴケ(Mazus miquelii f. albiflorus)というが、区別せず両者をサギゴケとする場合もある。名前は花が紫色で、形がサギ(鷺)の頭に、茎や葉が地面に広がるさまをコケに見立てたもの。よく似た花にトキワハゼ(常磐爆、学名:Mazus pumilus)があるが、花びらはムラサキサギゴケより少し小さく、横に這う枝を出さない。別名サギゴケ(鷺苔)。奈良興福寺付近(2014/5/2)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック