はごろもぐさ(羽衣草)

画像


ハゴロモグサ(学名:Alchemilla japonica)はバラ科ハゴロモグサ属の多年草。草丈は10~40cm。原産地は日本固有種。北海道の夕張岳と北アルプスの白馬岳、南アルプスの北岳など高山の草地や岩場に生える。根茎は匍匐して木化し、密に枯れた葉柄でおおわれている。葉は円形で、手のひら状に浅く裂ける。4~7cmになる長柄の根生葉がある。花期は7~8月。黄緑色の直径8mmの小さな花が房状にたくさん集まってつく。花びらのように見えるのは萼片である。花の後にできる実はそう果。環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)に登録。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック