いわべんけい(岩弁慶)

画像


イワベンケイ(学名:Rhodiola rosea)はベンケイソウ科イワベンケイ属の多年草。草丈は30cm程度。原産地は日本など。本州中部以北~北海道の山の高山や海岸の岩場に生える。ベンケイソウの一種でCAM型光合成を行うため乾燥に強い。葉は鋸歯が低く全体により肉厚で無毛。花期は5~8月。黄緑色の花をつける。雌雄異株で、雄株の花は黄色みが強く、雌株の花はやや赤みを帯び、秋に鮮やかな紅色の果実を作る。根茎は太くて長く、ハーブとして用いられることがある。乾燥するとバラのような芳香があるためローズルートの名がある。別名ロディオラ・ロゼア(Rhodiola rosea)。東北や北海道には同属のホソバイワベンケイ(細葉岩弁慶、学名:Rhodiola ishidae)がある。イワベンケイの葉は粉白色を帯びるのに対してホソバイワベンケイの葉は鮮やかな緑色。葉は細身で鋸歯がやや鋭くそろっている。礼文島(2014/5/27)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック