やまあい(山藍)

画像


ヤマアイ(学名:Mercurialis leiocarpa)はトウダイグサ科ヤマアイ属の多年草。草丈は25~50cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、インドシナ。本州~沖縄の山地の林内に生える。茎は直立し、方形で無毛。葉は長楕円状披針形で長さ3~13cm、対生し、葉の縁に鋸歯がある。。葉には長さ2~3cmの柄があり、先は尖る。葉の色は濃い緑色で光沢があり、質は柔らかく疎らに毛が生える。花期は4~7月。雌雄異株、同株。雄花序は茎の上部の葉の脇から15cmくらいの柄に穂状につき、間隔をおいて3~5個ずつの緑白色の花が固まってつく。花弁はなく、顎片が3つに裂ける。雌花序は直立する。果実はさく果でやや球形、2つのブロックからなる。ヤマアイは最古の染料の一つとして知られ、万葉集などの歌集で多くの歌が詠まれている。別名ヤマイ(山藍)。奈良万葉植物園(2014/5/2)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック