はくさんいちげ(白山一花、白山一華)

画像


ハクサンイチゲ(学名:Anemone narcissiflora var. japonica)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。北海道~本州の中部地方の亜高山や高山の湿り気のある草原や砂礫地に生育。高山植物の代表種。根際から生える葉は3出複葉で、小葉は手のひら状に裂ける。茎の中ほどに生える葉は、深く裂けて線状となる。花期は5~8月。茎先の苞葉の真ん中から数本の柄を出し、花径3~4cmの白い花をつける。白色の花弁に見えるのは萼片で5 ~7枚ある。花の真ん中には黄色い雄しべが密集し、緑色は雌しべ。花の後にできる実はそう果。和名は石川県の白山で発見されたことから。。一華は花が茎の先に1個だけつくkとから。別名ハクサンイチゲソウ(白山一華草)。写真は礼文島(2014/5/27)エゾノハクサンイチゲ(蝦夷の白山一華、学名:Anemone narcissiflora var.sachalinensis)葉の終裂片の先は尖らず、果柄もあまり長くならない、別名カラフトセンカソウ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック