ほそばしゃくなげ(細葉石楠花)

画像


ホソバシャクナゲ(学名:Rhododendron makinoi)はツツジ科ツツジ属の常緑低木。高さは 1~3m。原産地は日本。静岡県西部~愛知県東部の山地の岩場に生息。葉は細長い楕円形~披針形、革質で表面は艶があり、枝先に集まって互生。葉長は10~15cm。葉先は尖り、鋸歯はない。花期は4~5月。枝先に総状花序を出し、紅紫色の花をつける。花径5cmくらいの漏斗状で、深く5つに裂ける。上側の裂片の内側に斑点がある。花後の実は円柱形のさく果。環境省のレッドリストで、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に登録されている。別名エンシュウシャクナゲ(遠州石楠花)。六甲高原植物園(2013/5/12)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック