ミニアイリス(Mini Iris)

画像


ミニアイリス(学名:Iris reticulata)はアヤメ科アヤメ属の耐寒性球根多年草。草丈は5~15cm。原産地は小アジア、地中海沿岸、コーカサス地方、イラン。ミニアイリスはレティクラータ系アイリスを指す場合が一般的。濃い青紫の花が咲くレティくラータやその変種を中心に、鮮青色のヒストリオ(学名:Iris histrio)や黄色の花のダンフォルディアエ(学名:Iris danfordiae)がよく栽培されている。花期は2~3月。白い斑模様が入る濃青色の花を咲かせる。花径は3~6cm。花色は青、紫、黄色。ダッチアイリスに比べると開花時期がかなり早い。別名コマチアヤメ(小町菖蒲)、イリス・レティクラータ(Iris reticulata)。英名はReticulated Iris、Dwarf Iris。西宮市北山緑化植物園(2014/3/23)ミニアイリス‘JSダイト’(学名:Iris reticulata 'J.S. Dijt')。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック