ひめうず(姫烏頭)

画像


ヒメウズ(学名:Semiaquilegia adoxoides)はキンポウゲ科ヒメウズ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。関東地方~九州の山麓の土手、道端などに生える。茎には軟毛がある。根生葉は長い柄のある3出複葉で裏面は紫色を帯びる。小葉は2~3裂し、裂片はさらに浅く2~3裂する。茎葉の葉柄は短く、基部は茎を抱く。花期は3~5月。茎先に数mm程の白色または淡紅色の小さな花を下向きにつける。5枚の花びらは萼片で長楕円形、長さ5mm。花弁は萼片より小さく、筒状に5個、淡黄色、長さ約2.5mmで直立し、極めて短い距がある。雄しべ9~14個、雌しべ2~4個。果実は袋果で、雌しべと同数の2~4個が上向きにつき、中に10個ほどの種子が入る。花柱を含めて長さ6mm。種子は長さ1~1.4mm、褐色~黒褐色、横じわがある。名前の由来は、果実(袋果)がウズ(烏頭:トリカブトのこと)の果実に似ることから。別名トンボソウ(蜻蛉草)。京都府立植物園(2014/3/19)。

画像


宝塚逆瀬台(2016/4/5)
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック