ビロードもうずいか(天鵞絨毛蕊花)

画像


ビロードモウズイカ(学名:Verbascum thapsus)はゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草。草丈は100~200cm。原産地はヨーロッパの地中海沿岸。野原や道端で野生化。葉はビロード状の綿毛で覆われた柔らかい灰緑色。葉の大きくは30cmにもなる。上葉と下葉で大きさが極端に異なる。花期は6~8月。ロゼット状をした基部から、 翌年の夏、長い茎先に50cmほどの総状花序を伸ばし多数の薄黄色い2cmほどの小花を咲かせる。花は閉じた感じで咲く。果実形は球形で毛に覆われ萼に包まれる。観賞用とされる他、花茎はドライフラワーとして用いられる。 また、薬効のあるハーブとして、鎮静、鎮痛剤、腎臓病、高血圧等の治療薬として用いられる。別名ホザキモウズイカ(穂咲毛蕊花)、マレイン(Mullein)、グレート・マレイン(Great mullein)、バーバスカム・タンプサス(Verbascum thapsus)、アダムズ・フランネ(Adam's flannel)、ニワタバコ(庭煙草)。京都府立植物園(2014/3/19)。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック