ジャカランダ(Jakaranda)

画像


ジャカランダ (学名:Jacaranda)はノウゼンカズラ科ジャカランダ属(キリモドキ属) の落葉高木。高さは3~15m。原産地はアルゼンチン、ブラジル等の南米。ジャカランダは中南米に約50種類が分布する樹木。日本で主に栽培されているのは、ジャカランダ・ミシモフォリア(学名:Jacaranda mimosifolia)。葉は鳥の羽のように繊細で細かい。花期は5~6月。熱帯では乾期の終わりに落葉した状態で花を咲かせ、その後に新芽を出す。花の色は淡い藤色で世界三大花木のひとつとされている。ひとつの花房に50~90個の花を付け、満開時は木を覆うほどに咲き乱れる。白花の変種も知られている。大きく育った木でないと開花は難しく、日本では鉢植えの若木を観葉植物として扱うことが多い。現地では街路樹などに広く利用。別名キリモドキ(桐擬き)、ジャカランダ・ミモシフォルア(Jacaranda mimosifolia)。ミシモフォリア以外では、オブッシフォリア(学名:Jacaranda obtusifolia、ベネズエラ、ギアナ原産で樹高は20mに達し、花色は青藤色でひとつの花房に100個近い花を付ける。)、クスピディフォリア(学名:Jacaranda cuspidifolia、ブラジル南部からアルゼンチンに駆けて分布し、花色は鮮やかな藍色で樹高は10m前後)。西宮市北山緑化植物園(2010/6/4)。

画像


西宮市北山緑化植物園(2014/1/31)種展示
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック