エリカ・テトラリクス(Erica tetralix)

画像


エリカ・テトラリクス(学名:Erica tetralix)はツツジ科の 常緑低木。高さは10~20 cm。原産地は周北極から北スペインにかけ西ヨーロッパ全域。ふつう野生種は沼地などに生育するが、庭園などで使用すると乾燥にも耐える。葉は狭く腺状で灰緑色。葉裏は白く、十字をなし4輪生する。花期は7~10月、真冬でも咲いている。淡いピンクで壺形の花は口先が絞れており、頂生の散形花序をもつ。酸性土壌を好み、特に湿った土壌を必要とする。耐寒性は氷点下34℃~氷点下29℃まで耐える。西宮市北山緑化植物園(2011/4/7)エリカ・テトラリクス ’アルバモリス’(Erica tetrelix 'Alba Mollis')

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック