ビーツ(Beet)

画像


ビーツ(学名:Beta vulgaris)は ヒユ科(アカザ科)フダンソウ属の耐寒性二年草、一年草(多年草)。草丈は10~30cm。原産地は欧州。野菜。肥大化した根の部分を、蒸し焼きや、ピクルス、ボルシチなどの煮込み料理にして食べる。 ベタシアニンという赤い色素を持っており切ると濃い赤い液が大量に出る。花期は7月。2年目の夏に黄色い菜の花似の小花を咲かせる。似た野菜に色が白い砂糖用のシュガービート(甜菜)がある。別名ビート(Beet)、カエンサイ(火焔菜)、アカビート(赤Beet)、ビートルート(Beetroot)、テーブルビート(Table beet)、フダンソウ(不断草)。英名はchard。西宮市北山緑化植物園(2013/12/13)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック