くろふねつつじ(黒船躑躅)

画像


クロフネツツジ(学名:Rhododendron schlippenbachii)はツツジ科ツツジ属の落葉低木。高さは2~5m。原産地は朝鮮半島、中国北部、東シベリアなど。日本へは1668(寛文8)年に朝鮮から渡来。日本の各地の山地の林の中に生え、植栽されている。葉は倒卵形で、枝先に5枚ほど集まって輪生状に互生。花期は4~5月。葉の展開と同時に花を咲かせる。花径は6cmくらいと大きく、花冠は漏斗形で先が5つに裂ける。花の色は淡い紅色で、上部の裂片の内側には赤い斑が入る。雄しべは10本。「ツツジの女王」と呼ばれることもある。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。安土桃山時代から日本に来航する外国船は黒船と呼ばれ、その黒船で持ち込まれた躑躅というのが名の由来である。別名カラツツジ(唐躑躅)。北大植物園(2012/8/9)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック