かえんぼく(火焔木)

画像


カエンボク(学名:Spathodea campanulata)はノウゼンカズラ科スパトデア属の常緑高木。高さは20~25m。原産地は熱帯アフリカの西部。熱帯3大花樹の一つとされる。葉は単羽状複葉で、若いときはブロンズ色、成長すると光沢のある緑色になる。花期は3~8月。枝先に赤い炎のようなチューリップ形の花を付く散房状の総状花序につける。花序長は7~8cm。花色には代表的な赤花種の他、黄色花種もある。花後には、長さ20cmほどの果実をつける。別名アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)、 スパトデア・カンパヌラタ(Spathodea campanulata) 。とっとり花回廊(2013/8/6)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック