ていきんざくら(提琴桜)

画像


テイキンザクラ(学名:Jatropha integerima、Jatropha hastata)はトウダイグサ科ナンヨウアブラギリ(ヤトロファ)属の常緑低木。高さは1~3m。原産地は西インド諸島。葉は楕円形、卵形で全縁、先が尖っており、互生。 また浅く3裂する品種もある。花期は3~9月。雌雄同株。枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径2~3cmの5弁花を数輪つける。花の色には濃い紅色や桃色、橙色などある。果実は朔果で種子を6個含み3つに割れる。 提琴はバイオリンのことで、葉をバイオリンに見立て、花を桜に見立てたのが名の由来。別名ナンヨウザクラ(南洋桜)。とっとり花回廊(2013/8/6)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック