やまならし(山鳴らし)

画像


ヤマナラシ(学名:Populus tremula var. sieboldii、Populus sieboldii)はヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木。高さは10〜25m。原産地は日本。 北海道~九州の日当たりのいい山地に生える。樹皮は灰色でなめらか。菱形の皮目が目立つ。新枝は緑灰白色でなめらか。葉は互生し、葉身は長さ7~15cmの広卵形~扁円形で下面は灰白色、先端は短くとがり、基部は広いくさび形。縁には波状の鋸歯がある。花期は3~4月。雌雄異株。葉の展開前に開花する。褐色の花穂を垂下する。雄花序は長さ5~11cm、雌花序は長さ6~11cm。果実はさく果で、5月に成熟して裂開する。ポプラの仲間は長い葉柄を持っており、風が吹くと葉がパタパタとたなびいて音を出す。名は葉がわずかな風にも揺れて鳴ることから。街路樹などとして栽植する。材は柔らかく、加工しやすいので箱などの細工物やマッチの軸などに使用。別名ハコヤナギ(箱柳、白楊)、aspen。とっとり花回廊(2013/8/6)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック