おおばみぞほおずき(大葉溝酸漿)

画像

オオバミゾホオズキ(学名:Mimulus sessilifolius)はゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、ロシア(南千島) 。北海道、本州中部以北の高山の湿地などに自生する。地下茎を横に伸ばして群落をつくる。茎の断面は四角形で直立し、枝分かれしない。葉は長さ3~6cmくらいの卵形で、対生。葉には柄はなく、縁には棘状の鋭い鋸歯がある。葉脈は平行脈。花期は6~8月。葉の脇から花柄を伸ばし、長さ25~30mmくらいの黄色い筒形の花をつける。花冠の先は唇形に裂ける。上唇は2つに裂け、下唇は3つに裂ける。下唇の内側には褐色の斑点がある。萼片は5枚。雄しべは4本あり、そのうちの2本が長い。雌しべは1本。花の後にできる実は楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、萼に包まれる。名前は、葉が大きく、溝に生え、花後にできるさく果をホオズキに見立てたことによる。松本市安曇上高地(2013/6/7)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック