けしょうやなぎ(化粧柳)

画像

ケショウヤナギ(学名:Salix arbutifolia、Chosenia arbutifolia)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは20~25m。原産地は中国、日本、韓国、ロシアなどのアジア東部。北海道、信州上高地付近の河岸の砂礫地(されきち)に生える。樹皮は灰褐色で不規則に縦に裂ける。葉は細長い長楕円形で長さ5cm内外、互生。托葉はない。花期は4~5月。尾状花序は花時に下垂する。雄花は淡橙黄色で5本のおしべから、雌花は淡緑色で1個の子房からなる簡単なもので、雌雄異株である。幼木が白い粉をふいたようになるので、ケショウヤナギの名があるという。別名カラフトクロヤナギ(樺太黒柳)。松本市安曇上高地(2013/6/7)。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック