むさしあぶみ(武蔵鐙)

画像

ムサシアブミ(学名:Arisaema ringens)はサトイモ科テンナンショウ属の多年草。草丈は30~60cm。原産地は日本、朝鮮半島、台湾、中国。関東地方以西の海に近いやや湿った林内に生える。葉は3出複葉で、小葉は卵形。裏面は白い。花期は3~5月。葉柄の間から葉よりやや低い花茎をだし暗紫色から緑白色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつける。仏炎苞は隆起する白い筋がある。筒部は長さ4~7cmで、口辺部は広い耳状にはりだし、舷部は袋状に巻き込む。付属体は大きく白色の棒状。名前は、仏炎苞のかたちが武蔵の国で作られていた馬具の鐙(あぶみ)に似ていることから。別名。六甲山高原植物園(2013/5/12)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック