やぐるまそう(矢車草)

画像

ヤグルマソウ(学名:Rodgersia podophylla)はユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草。草丈は80~100cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。深山の谷沿いの林床など、湿り気のある場所に生育する。根出葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、葉柄は50cmに達する。小葉は倒卵形で先端が3~5浅裂する。花期は6~7月。先端に円錐状の花序をつける。花弁はなく、花弁にみえる萼裂片は長さ2~4mmで、ふつう5~7個あり、はじめ緑白色で、のちに白色に変わる。果実は狭卵形の蒴果で、長さ5mmになる。名の由来は、小葉の構成が、端午の節句の鯉のぼりにそえる矢車に似ることによる。北大植物園(2012/8/9)。

画像


六甲山高山植物園(2009/5/3)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック