つるまんねんぐさ(蔓万年草)

画像

ツルマンネングサ(学名:Sedum sarmentosum)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草。草丈は15~30cm。原産地は中国、朝鮮半島。道端や河川敷に生育する。繁殖力が旺盛で、地を這うようにしてつぎつぎと殖えていく。花をつけない茎は匍匐する。花茎は斜上し、紅色を帯びる。葉は3枚ずつ輪生し、倒披針形で長さ1.5~3cm。花期は5~6月。花は黄色の5弁花で直径約1.5cmほど、開花初期には雄シベの葯は橙赤色をする。花は結実せず地を這う茎から発根し、繁殖力が強いので千切れた葉の一部からでも根を出して殖える。西宮市夙川(2013/5/20)。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック