はしどい(丁香花)

画像

ハシドイ(学名:Syringa reticulata)はモクセイ科ハシドイ属の落葉性高木。高さは5~12m。原産地は東アジア。北方領土を含む北海道~九州の山地の林の中に生える。樹皮は灰白色。葉は幅の広い卵形で対生。葉の先は尖り、鋸歯はない。花期は6~7月。枝先に大きな円錐花序を出し、真っ白な小さな花を多数つける。花径は5mmくらいで、花冠は深く4つに裂ける。雄しべは2本。花はやがて黄色味を帯び、2色が混在するかのように見える。花には芳香がある。花後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。材は建築、器具用とされる。釧路市の木。別名キンツクバネ(金突羽根)。神戸市立森林植物園(2008/7/26)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック