とうごくみつばつつじ(東国三葉躑躅)

画像

トウゴクミツバツツジ(学名:Rhododendron wadanum)はツツジ科ツツジ属の落葉低木。高さは1~4m。原産地は日本。本州、宮城・山形県東部以南~近畿地方東部までの太平洋側の山地の尾根筋や林内に生える。樹皮は灰黒色。若枝は淡褐色から褐色、無毛で光沢がある。葉は広卵状菱形で、枝先に3個輪生する。先は尖る。花期は4~6月。枝先に淡紅紫色の花を1~3個咲かせる。花冠は広い漏斗形で5中裂、直径は4~4.5cm。上側の裂片にも斑点はなく、雄しべは10個で花柱は無毛。開花時には若葉がかなり開いている。果実は、蒴果で長さ約1.5cmの円柱形、灰褐色。関東の山地に多いことからこの名が付いた。京都府立植物園(2010/4/21)。

画像


宝塚ガーデンフィールズ(2011/6/24)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック