すずふりいかりそう(鈴振碇草)

画像

スズフリイカリソウ(学名:Epimedium x sasakii)はメギ科イカリソウ属の常緑多年草。草丈は15~40cm。原産地は日本。本州の中国地方に分布し、山地の石灰岩地に稀に生える。バイカイカリソウ(梅花碇草)とトキワイカリソウ(常盤碇草)の自然交配種だと考えられている。葉には長い柄があり、2回2出複葉または2回3出複葉。1枚の葉は、2つか3つに枝分かれをして先に3枚ずつの葉をつける。小葉は楕円形。葉の先は尖るものと尖らないものがあり、縁には棘がある。花期は3~5月。茎の途中から長い花柄を出し、総状花序の花を付ける。花色は白~淡い紅紫色。花弁は4枚、萼片も4枚で、萼片は花弁状となる。 花径は1cmほどだが、大形~小形、距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)のないものからよく発達するものまであり、またその組み合わせもさまざま。別名オオバイカイカリソウ(大梅花碇草)。西宮市北山緑化植物園(2013/4/22)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック