せいようおだまき(西洋苧環)

画像

セイヨウオダマキ(学名:Aquilegia vulgaris)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草。草丈は 30~90cm。原産地はヨーロッパ、シベリア、北米大陸。根生葉は長い柄があり、2回3出複葉で、小葉はさらに浅く裂ける。花期は5~6月。花は直径4~7cmの紫色で、下向きに咲き、次第に横向きから上向きになる。花弁に見えるのは萼で5個ある。中心に紫色の花弁が5個あり、筒状になる。距は花弁の基部から出て、萼片の間から後方に突き出し、内側に巻く。交配改良された園芸品種も数多あり、花色が白、ピンク、赤、オレンジ、黄、青、紫、茶、黒など、形は一重咲き、八重咲きなど様々な形質を持つものが多い。別名アメリカオダマキ(亜米利加苧環)、アクイレギア・ブルガリス(Aquilegia vulgaris)。京都府立植物園(2013/3/7)。

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック