せいようおきなぐさ(西洋翁草)

画像

セイヨウオキナグサ(学名:Pulsatilla vulgaris)はキンポウゲ科オキナグサ属の多年草。草丈は10~25cm。原産地はヨーロッパの中部~ウクライナ地方。わが国へは明治時代の中頃に渡来。乾燥した岩の多い草地に生える。葉は掌状に分裂し、茎葉は線形で無柄。花期は2~5月。白、藍色~赤紫色の花径2cmの花を咲かせる。葯は黄色。欧州の民間薬として、全草を生殖器官の炎症性疾患、白内障、緑内障、月経困難症に用いる。別名プルサティラ・ブルガリス( Pulsatilla vulgaris)、パスクフラワー(Pasque flower)。京都府立植物園(2013/3/7)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック