みちのくふくじゅそう(陸奥福寿草)

画像

ミチノクフクジュソウ(学名:Adonis multiflora)はキンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。草丈は20~30cm。原産地は日本。本州、東北地方から中部地方、九州の広葉樹林内や川の土手、斜面の草地などに生る。葉は広い3角状で、3~4回羽状に細かく分裂する。花期は3~4月。鮮やかな黄色い花を咲かせる。萼片はふつう5個で、その長さが花弁の2分の1から3分の2と短いのが特徴。フクジュソウは花弁の外側先端部が紫~黒紫色を帯び、茎の断面は中実であるが、ミチノクフクジュソウは花弁の外側先端部が赤褐色で、茎の断面は中空である。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。フクジュソウは、日本ではただ1種のみとされてきたが、近年、染色体数と外部形態の比較・再検討が行われ、現在ではフクジュソウのほかに、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウの3種が加えられている。京都府立植物園(2013/3/7)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック