ひめかんあおい( 姫寒葵)

画像

ヒメカンアオイ(学名:Heterotropa takaoi)はウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑の多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本。本州の東北地方~近畿地方、四国の山地の林の中に生育。茎は長く地面にを這い。葉は卵円形、腎円形で、長さは4~8cm。葉の表面には白い斑が入る。花期は11~3月。花は地面に埋もれるように暗い紫色の花を咲かせる。葉の下に隠れるように咲くのは、受粉を助け種子を運んでくれるアリのためである。花径は15mmくらいで、萼筒の長さも10mmくらい。和名は葉がアオイ(葵)に似ており、常緑であることからきている。 豊中市の服部緑地都市緑化植物園(2013/1/19)。 

服部緑地植物園(2013/2/28)
画像


西宮市北山緑化植物園北山山荘(2014/3/23)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック