ビスカリア(Viscaria)

画像

ビスカリア(学名:Silene coeli-rosa)はナデシコ科マンテマ属の秋まき一年草。草丈は30~60cm。原産地は地中海沿岸。茎は細かく分枝。葉は細長い披針形で、向かい合って生える(対生)。花期は5~7月。茎先に直径2~3cmの小さな5弁花を咲かせる。花の色は紫、ピンク、赤、白など豊富である。以前はビスカリア属(Viscaria)に属していたとので、ビスカリアの名はその名残である。主な品種の‘チェリーブロッサム’はサクラの花びらのような整った形の花形で、ピンクの花弁に中心が白。‘ローズエンジェル’は濃い赤紫花。‘ブルーエンジェル’は淡い青紫の花。 別名コムギセンノウ(小麦仙翁)。京都府立植物園(2011/5/31)。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック