バコパ(bacopa)

画像


バコパ(学名:Sutera)はゴマノハグサ科ステラ属の半耐寒性匍匐性多年草。草丈は5~15cm。原産地はアフリカ、カナリア諸島。小さな葉で這うように育つ。葉色は緑、薄黄、斑入りもある。花期は4~11月。小さな花がたくさん咲く。花径は1~1.5cm。花色はピンク、白、青色、うす紫。用途は鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット。 デュフュウサス系品種(学名:Sutera diffusus)の‘スノーフレーク’はやや大きい白花が咲く有名品種。 コルダータ系品種(学名:Sutera cordata)は花が大きいのが特徴。別名ステラ(Sutera)。ステラはラテン語で星を意味する。宝塚あいあいパーク(2012/11/22)。

西宮市北山緑化植物園売店(2014/1/27)バコパ・コピア(学名:Sutera cordata 'copia')
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック