うりのき(瓜の木)

画像

ウリノキ(学名:Alangium platanifolium var. trilobum)はウリノキ科ウリノキ属 の落葉低木)。高さは2~4m。原産地は日本、、朝鮮、満州、中国中部。谷筋を走る林道沿いに、よく見つかる。樹皮は灰色で、皮目が多い。若枝は緑色で短毛がある。枝を大きく横に張り出し、大きな葉を広げる。葉は単葉で互生し、長さ10~20cmで3~5浅裂し、各裂片は全縁で、先端が尾状に尖る。。葉身は4~5角状円形、基部から5~7本の掌状脈が出る。花期は5~6月。葉腋の集散花序に数個の白い花が咲く。蕾の時は、細長い円柱形で、開くと6~8本の花弁が、外側にくるくると巻き上がる。果実は楕円形の核果。熟すと藍色になる。名は大きな葉が、瓜の葉に似ていることから。京都府立植物園(2012/9/17)。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック