ピンクのうぜんかずら(ピンク凌霄花)

画像

ピンクノウゼンカズラ (学名:Podranea ricasoliana)はノウゼンカズラ科ポドラネア属の常緑蔓性低木。高さは4~5m。原産地は南アフリカ。葉は奇数羽状複葉で対生し、小葉は長さ3~5cmの長楕円形~卵状楕円形で5~9枚がつく。葉縁は波打ち浅い鋸歯があり、葉先は細く尖る。花期は6~9月。花はアメリカノウゼンカズラよりやや小さい直径3~4cmの淡桃色の漏斗形の花を咲かせる。花冠は5裂して花弁の内側に濃赤紫色の線が約10本入る。別名コンテッサ・サラ(Contessa Sarah)。西宮市夙川(2012/8/15)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック