えぞくがいそう(蝦夷九蓋草、蝦夷九階草)

画像

エゾクガイソウ (学名:Veronicastrum sachalinense)はゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。草丈は1~2m。原産地は。北海道に分布し、低地や山地の草地、林の縁などに生える。茎は直立し、葉は長楕円状披針形で柄がなく、5~10枚の葉を数段輪生させる。葉の先は尖り、縁には鋸歯がある。花期は7~8月。茎先の総状花序に紫色の花を密につけ、下から上へと咲く。花冠は長さ約8mmの筒状で、先が浅く4裂し、雄しべ2個が花の外に突き出る。一つの花ごとに線状の苞葉1個と、短い花柄があり、がくは5深裂し、裂片は披針形で、先がとがる。茎頂に大きく長い花序がつき、葉腋からは小さな花序が囲むように数本つく。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。クガイソウより花も背丈も大きく、花柄はないのが普通。別名。北大植物園(2012/8/9)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック