すすかけそう(鈴懸草)

画像


スズカケソウ(学名:Veronicastrum villosulum)はゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は中国、日本。岐阜県や徳島県などで自生状態で生育する。葉は互生し、葉身は卵形で縁に鋸歯がある。花期は7~8月。花は葉の付け根に青紫色の小さな花が集まり、花から雄しべが2本と雌しべが1本でる。名は花の付き方が山伏が首に懸ける鈴懸けに似ていることから。環境省の絶滅危惧IA類指定。別名チョウケンカズラ(長絹蔓)、チョウケンソウ(長絹草) 。京都府立植物園(2012/7/17)。

画像


京都府立植物園(2016/7/28)
画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック