ゆきもちそう(雪餅草)

画像

ユキモチソウ(学名:Arisaema sikokianum)はサトイモ科テンナンショウ属の多年草。草丈は30cm。原産地は日本。山地林下に生える。葉は通常2枚からなリ、長い柄の先に3小葉から鳥足状の5小葉がつく。花期は4~5月。葉の中心から、葉の間に有柄の肉穂花序を出す。仏炎苞は長さ約10~20cmで直立し、舷部(仏炎苞の最も幅の広い部分)は倒卵形で先は細く尖る。外面は紫褐色で白い縦筋が多数入り、内面は黄緑色で筒部の内側は白色、付属体は白色の棍棒状で先端は膨らむ(花は筒部の基部につく)。名前の由来は、先の膨らんだ白い付属体を餅に例えたもの。別名カンキソウ(観喜草)。京都府立植物園(2012/04/28)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック