たつたそう(竜田草)

画像

タツタソウ(学名:Jeffersonia dubia)はメギ科タツタソウ属の耐寒性多年草。草丈は10~30cm。原産地は朝鮮半島北部、中国東北部、ロシアアムール川流域。早春(4月)に、赤紫色の葉が芽吹き、葉の展開とともに薄紫色の花が開花する。花後に葉色は明るい緑色に変わり、草丈が数倍に大きく成長しする。花後に卵形の果実を付ける。別名ジェファソニア ドゥビア(Jeffersonia dubia)、イトマキソウ(糸巻草)。西宮市北山緑化植物園(2012/4/13)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック