グロッバ・ウィニティー(Globba winitii)

画像

グロッバ・ウィニティー(学名:Globba winitii)はショウガ科グロッパ属の非耐寒性多年草。草丈は50~60cm。原産地はタイ、ベトナム。グロッパ属は100種類ほどがある。グロッバ・ウイニティーはショウガ科の春植え球根。根茎から茎がまっすぐ立ち上がり葉を開く様子はショウガの草姿に似る。苞(ほう)と呼ばれる葉の一部が赤紫に色づく。地上部分の茎は偽茎と呼ばれ、葉の付け根が重なり合って巻いて筒状になり立ち上がり、花は偽茎の先端から伸びて弓のようにしなり、穂状に付く。花期は7~10月。花序は10~20cm、花色は白色、黄色、桃色、赤紫色。別名シャムノマイヒメ(シャムの舞姫)、タイノマイヒメ(タイの舞姫)。グロッバでよく栽培されているのはウィニティーとその園芸品種のションバーキー(学名:Globba schomburgkii)。京都府立植物園(2011/10/11)。

京都府立植物園(2011/10/11)グロッバ・マランティナ
画像


京都府立植物園(2011/10/11)グロッバ・ホワイトダイアモンド
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック