とうがらし(唐辛子)

画像

トウガラシ(学名:Capsicum annuum)は、ナス科トウガラシ属の多年草または低木(日本など温帯では一年草)。草丈は40~80cm。原産地はメキシコ(アンデス地方という説もある)。トウガラシは「唐」から伝わった「辛子」の意味。茎は多数に枝分かれする。葉は互生。柄が長く卵状披針形。7~9月ごろ白い花を付ける。花の後に上向きに緑色で内部に空洞のある細長い5cmほどの実がなる。果実は熟すると赤くなる。品種によっては丸みを帯びたものや短いもの、色づくと黄色や紫色になるものもある。果実は香辛料または野菜として食用にされる。辛味があり香辛料として使われる品種と、辛味がないかほとんどない代わりに糖度が高く、主に野菜として食される甘唐辛子がある。辛味成分カプサイシンは種子の付く胎座に最も多く含まれる。別名コシキトウガラシ(五色唐辛子)。京都府立植物園(2011/10/11)ユメマツリ(夢祭り)。

京都府立植物園(2011/10/11)ブラックパール(学名:Capsicum annuum 'Black Pearl')
画像


京都府立植物園(2011/10/11)メデューサ(学名:Capsicum annuum 'Medusa' )
画像


京都府立植物園(2011/10/11)シエン(紫炎、学名:Capsicum annuum 'Shien' )
画像


京都府立植物園(2011/10/11)トレジャーズレッド(学名:Capsicum annuum 'Treasure Red')
画像


京都府立植物園(2011/10/11)ゴシキキョッコウ(五色旭光、学名:Capsicum annuum 'Goshiki Kyokkou')
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック