ハイビスカス・トリオナム(Hibiscus trionum)

画像

ハイビスカス・トリオヌム(学名:Hibiscus trionum)はアオイ科フヨウ属(ヒビスクス属、ムクゲ属)の一年草または多年草。草丈は30~60cm。原産地は地中海の東部沿岸地方。わが国へは江戸時代に観賞用として渡来。日本各地に野生化している。葉は浅く3裂し、7~9月ごろまで、クリーム色または淡い黄色の花を咲かせる。中心部は暗い紫色。別名別名ギンセンカ(銀銭花)、チョウロソウ(朝露草)。朝に開いた花は昼ごろには閉じてしまう。西宮市北山緑化植物園(2011/8/22)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック