なす(茄子)

画像

ナス(学名:Solanum melongena)はナス科ナス属の一年草。草丈は50~180cm。原産地はインド。広く温帯・熱帯で栽培。日本へは奈良時代に中国経由で渡来。葉は卵形で互生。6~10月に淡紫色の合弁花を葉のつけ根下向きにつける。果実は倒卵形・球形または細長い楕円形で、紫黒色または黄白色、長さ20cm以上になるものもある。食用とする。栽培品種が極めて多く、加茂茄子など各地方に独特のものがある。打ち身、捻挫、軽い火傷に実を貼り付けると効果がある。名の由来は夏にとれる野菜「夏の実」から「なすび」になったとする説が有力。季語は夏。「初茄子」「茄子の花」「なすびの花」「花茄子」。西宮市北山緑化植物園(2011/6/13)。

画像


京都府立植物園(2011/10/11)ナス・甲子園
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック