おおつくばねうつぎ(大衝羽根空木)

画像

オオツクバネウツギ(学名:Abelia tetrasepala)はスイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本固有。本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に分布。樹皮は灰褐色。葉は単葉で対生。葉身は広卵形または楕円形で先は尖る。長さ3~7cm、幅2~4cm。葉の表面は緑色、裏面は帯白緑色。葉縁は不整の鋸歯。花期は4~5月。新枝の先に普通2個ずつ付ける。花は白色。花冠は長さ2~3cmの漏斗状で細い花筒から急に鐘状に広がる。先はやや唇状で上唇は2裂、下唇は3裂する。ガク片は5枚うち1枚は小さい、時に4枚もある。類似種のツクバネウツギは5枚で同じ大きさ。オオツクバネウツギの方が花期が2週間ほど早い。果実は10~11月。痩果。名の由来はツクバネウツギより花が大きいのでこの名がある。ツクバネとは、羽子板の衝羽根からきているもので、蕚片の形を指している。別名メツクバネウツギ(女衝羽根空木)。京都府立植物園(2011/4/25)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック