ばいかいかりそう(梅花碇草、梅花錨草)

画像

バイカイカリソウ(学名:Epimedium diphyllum/japonicum)はメギ科イカリソウ属の多年草。草丈は15~30cm。原産地は日本。中国地方,四国,九州の暖地の山や山麓などに自生する。根生葉は柄が長く、2回2出複葉、左右非対称の耳形をしている。茎葉は2小葉からなる。花期は4~5月。茎の先に1個の総状花序を出し、やや下垂して柄のある白い花を数個開く。花径10~12mm、がく片8枚。イカリソウやトキワイカリソウに比べると繊細で小型で、花の構造もちがい、花弁に距がない。花の形が、ほかのイカリソウと異なり、船の錨の形ではなく、梅の花に似た姿をしている。和名は花の形に基づく。地上部を乾燥させ、薬酒にして強壮・強精などに用いる。六甲山高山植物園(2009/05/03)。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック