たちつぼすみれ(立坪菫、立壷菫)

画像

タチツボスミレ(学名:Viola grypoceras)はスミレ科スミレ属の多年草。草丈は5~20 cm程度。日本全土に分布。日本で、人家付近のやぶや道ばたから山地にごく身近に見られるスミレ類の一つ。葉はハート形で、先が少し尖る。縁には細かい鋸歯がある。葉の基部には櫛の歯状の托葉がある。花期の葉は長さ2cmで、花の後2倍以上の大きさになる。花柄は茎の葉の付け根から出るものと、株の根元から出るものがある。花期は3~5月。花は普通淡紫色だが、変異が多い。花弁は長さ0.8~1.2cm。距は長さ6~8mm。花は淡い紫色で、距は紫色を帯びる。名の由来は「坪」とは道端や庭の意味、「立」は、花の盛りを過ぎると茎がしだいに立ち上がってくるところから。タチツボスミレとスミレの見分け方は、タチツボスミレは茎は地中で短いが、成長すると茎は地表に伸びて立ち上がる。葉は始めは根出するが、茎が伸びると葉もそこにつくようになり、丸っこいハート形。花は薄紫。スミレは茎は地中で短く、立ち上がらない。葉はすべて根出し、細長い矛型。花は濃い紫。花色に変化が多く、白のシロバナタチツボスミレ(白花立坪菫)、薄いピンクのサクラタチツボスミレ(桜立坪菫)、白い花で距だけ紫のオトメタチツボスミレ(乙女立坪菫)などがある。葉に光沢があり、海岸近くに見られるツヤスミレ (艶菫)、葉の葉脈に沿って赤い色が入るアカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)もよく見られる。別名タロボウ(太郎坊)、スモトリバナ(相撲取り花)。近縁種に、ニオイタチツボスミレ(匂立壷菫)、ツルタチツボスミレ(蔓立坪菫)、ナガバノタチツボスミレ(長葉の立坪菫)、テリハタチツボスミレ(照葉立坪菫)、ナガハシスミレ(長嘴菫)、アイヌタチツボスミレ(アイヌ立壷菫)、エゾノタチツボスミレ(蝦夷の立坪菫)。京都府立植物園(2010/04/21)。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック