ポーチュラカ(Portulaca)

画像

ポーチュラカ(学名:Portulaca oleracea)はスベリヒユ科スベリヒユ属の多年草(日本では冬の寒さに耐えられずに枯れてしまうため、一年草として扱われてる)。熱帯、亜熱帯地方が原産。草丈は10~20cm。茎や葉は多肉質で、強い乾燥にも耐えられるようになっている。同じ仲間のマツバボタンによく似ているが、マツバボタンの葉が細長いのに対して、ポーチュラカの葉は丸い。5~10月下旬まで、赤、白、黄色など多彩な色の花を咲かせる。夏の酷暑にも負けずに、咲き続けている。別名ハナスベリヒユ(花滑莧)、パースリン。ヒユの莧(草かんむりに見)は、「ひよこ」と同語源で「小さく可愛らしい」の意であるという。尼崎市上坂部西公園(2010/07/15)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック