こもちまんねんぐさ(子持万年草)

画像

コモチマンネングサ(学名:Sedum bulbiferum)はベンケイソウ科マンネングサ属の2年草。高さ6~20cm。本州~九州の道端や水田のあぜなどに生える。全体がやわらかくて弱々しい。葉のわきに珠芽(ムカゴ)をつける。根もとの葉は対生し卵形、上部のものは互生しへら型。5~6月、茎の先から枝を分けて、黄色の花が片側に並んでつく。花の下には1個ずつ苞葉がある。結実しない。宝塚逆瀬台(2010/06/27)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック