とろろあおい(黄蜀葵)

画像

トロロアオイ(学名:Abelmoschus manihot/Hibiscus manihot)は、アオイ科トロロアオイ属の一年草。草丈は1〜2m。原産地は中国。茎は高さ1.5mを越え、葉は大きくて5~9つに掌状に裂ける。花弁は5枚であり、黄色い大型の花。晩夏(8~9月)に咲く。繊細で光が透けて美しい。一日花で、夕方早い時間に閉じる。花の中心部と雌しべの柱頭は暗紫色である。果実はオクラとそっくりである。根に粘液を多く含み、この粘液物質を和紙の紙すきの際に糊として使用した。この粘液をトロロに例えて和名となった。 オクラと似ているが、オクラよりも花が大きく、葉がオクラは3~5に浅く分かれるのに比べ、トロロアオイは5~9に深裂することによって区別できる。オクラに似た花を咲かせることから花オクラとも呼ばれる。和紙作りのほか、蒲鉾や蕎麦のつなぎ、漢方薬などを成形するのにも利用される。別名ツウワサン(通和散)、ハナオクラ(花Okra)。写真は京都府立植物園(2009/08/03)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック