ごもじゅ(御門樹)

画像

ゴモジュ(学名:Viburnum suspensum)はスイカズラ科ガマズミ属の常緑低木である。奄美大島から沖縄諸島特産の常緑低木。石灰岩地域に多く見られる。ガマズミの仲間で、他のガマズミ類よりも葉が小型。花期は2~4月。沖縄県では12月から。少しピンクがかった白い花が多数集まって咲く。花は良い香りである。6月頃には実が赤く熟す。2cm前後の小さな実。甘酸っぱい味。葉をこするとゴマの香りがする。名前はゴマ樹が変化したとも、琉球の王城の門前にあった木ということからとも言われている。生垣や庭木として植栽されることも多い。別名タイトウガマズミ、グムル(方言名)。京都府立植物園(2010/04/21)。

画像

京都府立植物園(2011/04/25)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック