ふじつつじ(藤躑躅)

画像

フジツツジ(学名:Rhododendron tosaense)はツツジ科ツツジ属の半常緑低木。高さは1~2m。本州の近畿地方南部から九州にかけて分布し、海岸近くの低山帯などに生える。葉は、花が終わった後にでる。春葉は、長さ1.5~3cm、幅5~8mm。夏葉は、長さ半分ほど。3~5月枝先に2~3cmほどの淡紅紫色の花を1~3個つける。花冠は5裂し、上側の裂片に濃色の斑点がある。和名のフジツツジ(藤躑躅)は、花の色が藤色なことから。オンツツジ(雄躑躅)に対して小柄で優しいということからメンツツジ(雌躑躅)の別名もある。京都府立植物園(2010/04/21)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック